【メーカー別】ヨーグルトは何歳から食べられる?賞味期限も解説!

【メーカー別】ヨーグルトは何歳から食べられる?賞味期限も解説!

栄養が多く含まれているヨーグルトですが何歳から食べられると思いますか?

赤ちゃんが生まれたお父さんお母さんは離乳食を考えるのも苦労します。

ヨーグルトは柔らかいので離乳食としても赤ちゃんにあげる事も可能ですが、何歳からあげていいのか分からないと思います。

この記事では、ヨーグルトは何歳から食べられるかをご紹介していますので興味がある方は是非ご参考下さい。




ヨーグルトは何歳から食べられる?

ヨーグルトは何歳から食べられる?

ヨーグルトにも種類がたくさんあり、中に入っている成分も違うため商品によって与えていい時期は違ってきます。

赤ちゃんに離乳食としてプレーンヨーグルト(無糖)を与えていいのは生後7~8ヵ月からになります。

ヨーグルトを食べさせた時に、赤ちゃんの反応も同時に見ないといけません。

食べた時に、腫れやじんましんを起こすとアレルギー反応が出ているのでヨーグルトを食べさせるのはすぐやめましょう。

ヨーグルトを毎日食べさせると下痢になりやすくなるので、与えすぎにも注意が必要です。

赤ちゃんにも好き嫌いがあるので、ヨーグルトを食べさせる時に嫌がっていたら無理に与えないようにしましょう。

他の食べ物に混ぜるか違う離乳食を与えましょう。

グリコヨーグルトは何歳から?

グリコヨーグルトの特徴は、生きて腸まで届くプロバイオティクス乳酸菌が入っておりお腹の中を健康にしてくれます。

「 BifiXヨーグルト プレーン砂糖不使用」のヨーグルトなら離乳食を始めた一ヵ月後(生後7~8ヵ月)から食べさせるのがいいでしょう。

まずは少量あげてアレルギーがないか確かめてからあげるようにしましょう。

他のグリコヨーグルトの場合は、砂糖が少し入っているので甘い食べ物は離乳食として適していません。

砂糖が使われているグリコヨーグルトは離乳食が終わった(1歳~1歳半)にあげるのが良いでしょう。

砂糖入りのヨーグルトは毎食あげると糖分の取りすぎになってしまうので注意が必要になってきます。

チチヤスヨーグルトは何歳から?

チチヤスヨーグルトの特徴は低糖で「ST9618」乳酸菌が使用されている点です。

「ST9618」乳酸菌は免疫力を高めて風邪を引きにくくする効果があるのがポイントです。

「チチヤス 生乳100%プレーンヨーグルト」は離乳食が始まった1ヵ月後にあげても大丈夫でしょう。

他のチチヤスヨーグルトは低糖ですが砂糖が入っていますので、離乳食が終わった(1歳~1歳半)からがいいでしょう。

赤ちゃんの反応を見ながら、まずは少量を与えてみましょう。

セノビックヨーグルトは何歳から?

セノビックの特徴は成長応援ヨーグルトとして発売されており、カルシウムが多めに入っているので食べて丈夫な骨を作りにもいいでしょう。

セノビックヨーグルトは砂糖が入っていますので離乳食が終わった(1歳~1歳半)からが適しています。

マクドナルドのヨーグルトは何歳から?

マクドナルドも新メニューでヨーグルトが発売されています。

マクドナルドヨーグルトの特徴はビフィズス菌(BB―12)を使用しているので生きて腸まで届きます。

このヨーグルトも無糖ではなく少し甘め、砂糖が入っているので離乳食が終わった(1歳~1歳半)からが良いでしょう。

明治プロビオヨーグルトR1は何歳から?

このヨーグルトの特徴は1073 R1乳酸菌を使用しています。

1073 R1乳酸菌の効果は免疫力が高まり風邪を引きにくい体になり、インフルエンザに対しても予防ができるのがポイントです。

こちらのヨーグルトも無糖ではなく、砂糖が入っていて少し甘さがあるので離乳食が終わった(1歳~1歳半)からが良いでしょう。

牧場の朝ヨーグルトは何歳から?

このヨーグルトの特徴は3個で120円前後なので価格は安く、発売して30年以上経つロングセラー商品になっています。

酸味が控えめに作られていますが、砂糖が少し入っていますので離乳食が終わった(1歳~1歳半)からが良いでしょう。

ヨーグルトの賞味期限はどれくらい?

ヨーグルトの賞味期限はどれくらい?

賞味期限とは、美味しく食べられる期間です。

実際賞味期限を過ぎていても、中を確認して問題なければ食べられます。

ヨーグルトは未開封の場合、賞味期限を1ヵ月過ぎていても大丈夫なのがポイントです。

1ヵ月過ぎたヨーグルトは発酵が進み乳酸菌が増えて酸っぱい味になります。

しかし腐っているわけではありません。

開封後のヨーグルトは保管状況にもよりますが3日以内に食べるのがいいでしょう。




ヨーグルトは何歳から?【まとめ】

ヨーグルトは何歳から与えても大丈夫なのか?について解説してきました。

ヨーグルトは離乳食にも食べさせる事ができるので成長補助としても欠かせません。

それではここまでのまとめになります。

ヨーグルトは何歳から?【まとめ】
  • ヨーグルトプレーンタイプ(無糖)は離乳食が始まった1ヵ月後(生後7~8ヵ月後)から。
  • ヨーグルト(加糖)砂糖が少しでも入っていたら離乳食が終わった(1歳~1歳半)から
  • ヨーグルトを毎食あげると下痢になる事があるので食べすぎにも注意が必要。
  • 子供にヨーグルトを食べさせた後のアレルギー反応を必ず見ておく。
  • ヨーグルトを子供が嫌がっていたら無理にあげない、他の物と混ぜて工夫して食べさせましょう。
  • ヨーグルトは賞味期限1ヵ月過ぎていても未開封の物は中を確認して問題なければ食べる事ができる

最後までお読みいただきありがとうございました。

ヨーグルトは栄養があるので食べて子供は成長をサポート、大人も食べて健康維持するのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA