電気代の引き落としが残高不足!対処法や引き落としの時間を解説!

電気代の引き落としが残高不足!対処法や引き落としの時間を解説!

あなたは電気代の引き落としの残高不足の経験はありませんか?

私は過去に1度だけ電気代が残高不足でできなかった経験があります。

電気代の引き落とし日に口座への入金をし忘れてしまった場合は、残高不足となり引き落としが不可となってしまいます。

そんな時、電気を止められてしまうのではないか、すぐにでも電気代を支払わねばという焦りや不安に襲われてしまいますよね。

しかし電気代が残高不足で引き落としができないからといってすぐに電気が止まることはありません。

この記事では、電気代の引き落としが残高不足でできなかった場合の対処法や引き落としの時間について解説しています。

電気代の引き落としについて知りたい方は是非ご参考にされてください。




電気代の引き落としが残高不足の時の対処法とは?

電気代の引き落としが残高不足の時の対処法とは?

引き落とし日を過ぎて残高不足に気づいた場合、まずは電力会社からの連絡をこまめに確認するようにしましょう。

電力会社によって対応は様々です。

すぐに電話連絡をしてくるところもあれば、ハガキ等の書面でのお知らせを送ってくる電力会社もあります

電力会社の案内に沿って、後日再度振替をするかコンビニなどで直接払い込みをするかなどの対応しましょう。

一般的に多いのは翌月の電気代引き落とし日に2ヶ月分を支払うパターンです。

延滞利息が生じることもありますので不安になるようでしたら、電力会社に一度問い合わせをしてみましょう。

前もって残高不足で電気代が引き落としできないとわかっている場合は早い段階で電力会社に連絡し、支払いについて相談しましょう。

電気が止められてしまう最悪なパターン

➀電気井請求の連絡に気が付かない

➁残高不足で電気代の支払いができていない事に自分が気づいていない

結果的に電気代を支払いしていないので、そのまま電気を差し止められてしまう場合もあります。



電気代の引き落としの時間は?

電気代の引き落としの時間は?

多くの場合、電気代の引き落としは引き落とし当日に日付が変わった瞬間から夜までの間に行われます。

電気代引き落とし時間の具体的な例

6月27日が電気代の引き落としの日だった場合

➀6月26日から6月27日に変わった瞬間(午前0時)

➁6月27日の午後12時までの間の時間

しかし、その電気代の引き落としの時間については明確な時間は電力会社のWebサイトを探しても見つかりません。

明確な記載がない理由として、金融機関との関連があるからです。

電気代の引き落とし時間は電力会社ごとにではなく、金融機関ごとに違っているということになります。

また電気代引き落とし日の引き落とし開始時間から終了時間の間に2度引き落としをする金融機関もあれば、1度きりというところもあります。

もしも2度の引き落としをしてくれる機関であれば、当日の朝9:00頃までに入金していれば高確率で引き落としに間に合うことでしょう。

電気代の明確な引き落とし時間や当日入金が引き落としに間に合っているか?

1日に何度引き落としがされているのか?

を知りたい場合には、契約している金融機関の本店に電話で確認することができます。

後に不安になることがないよう、ご指定の口座残高の確認は前日までに行っておいた方が良いですね。



電気代の引き落とし方法の変更はできる?

電気代の引き落としの日程変更はできる?

電気代の引き落とし変更手続きは自分で行うことができます。

電気代の支払い方法変更手続きは各電力会社のWebサイトや電話で資料請求することができます。

口座振替への変更には金融機関からも変更手続きが可能です。

ただし変更するまでの時間は1ヶ月から2ヶ月程度かかることが多いです。

変更方法としては口座振替、クレジットカード支払い、振り込みによる支払いなどがあります。

それぞれ支払い方法によるメリットがあります。

  • 口座振替は割引される
  • クレジットカードはポイント付与
  • 振込用紙は振り込みまでの時間に余裕がある

口座振替への変更には、金融機関に頼むことで比較的スムーズに手続きを終えることができます。

口座振替への変更手続きに必要なもの
  • 検針票に記載されているお客様番号
  • 引き落とし口座の印鑑と通帳

※印鑑については2021年現在不要な場合も多いです。

また、クレジットカードへの変更手続きはそれぞれのカード会社のWebサイト、振込用紙への変更手続きは窓口で行うことができます。

振り込み用紙でのお支払いには決められた期日までに支払えば良いという手軽さがあります。

しかしその一方で期日を超えてしまうと延滞料がかかってしまう場合もあります。

このような不安を考えると確実に支払いができる口座振替やクレジットカードでの支払いにしておくと安心でしょう。



電気代の引き落としが残高不足【まとめ】

ここまで電気代の引き落としが残高不足だった場合について解説してきました。

引き落としできなくてもすぐに電気を止められてしまうことはなさそうですが、油断は禁物ですね。

それではここまでのまとめになります。

電気代の引き落としが残高不足の場合【まとめ】
  • 電気代引き落としが残高不足で不可となった場合、電力会社からの通知を待ちましょう。
  • 予め残高不足となることが分かっている場合、できるだけ早い段階で電力会社に連絡しましょう。
  • 電力会社からの通知を見落としていると強制的に電気を止められる可能性があります。
  • 電気代の引き落とし時間は各金融機関のルールに則るものです。
  • 電気代の引き落とし時間や回数について知りたい場合はご契約の金融機関本店にお問い合わせすると確認できます。
  • 引き落とし方法の変更は自分で行うことができます。
  • 引き落とし方法は口座振替、クレジットカードでのお振り込み用紙でのお支払いか選べます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が電気代の引き落としが残高不足でできなかったあなたのお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA