ペットロスでもう飼わないと思っていてもまた飼う理由!克服法や対処法も!

大切なペットを失くした時、ペットに愛情を注いでいた分つらいのがペットロスという現象です。

必ず「ペットが人間より先にいなくなる」とわかっているのにつらい出来事の1つです。

あなたはきっとペットロスになり悲しみ落ち込んでいるのではないでしょうか?

大切なペットがいなくなるとぽっかりと心に穴が空いた気分になります。

長く一緒にいた時間が長いほどペットロスは大きくなります。

しかしながらまた悲しむのが怖くてもう飼わないと思いながらも、可愛い動物たちをみると飼ってしまうことはありませんでしたか?

私自身もペットがいなくなり寂しい経験をしたことがありますが、もう飼わないと思っていてもいつの間にかまた飼いたいと思います。

この記事では、もう飼わないと決めていてもまたペットを飼ってしまう理由やペットロスの乗り越え方についてご説明していきます。




ペットロスとは?もう飼わないと決めてもまた飼う理由!

ペットロスなのにまた飼ってしまうのは喪失感が原因!

大前提としてペットロスとは何かご説明します。

ペットロス

ペットが亡くなったショックで飼い主が悲しみから抜け出せないこと

ペットロスになる原因は、喪失感が大きくペットがいなくなったことを受け止められないからです。

通常は、ペットがいなくなったとしても時間が経つことにいなくなったことを受け止めることができるようになります。

しかしペットがいなくなったことをいつまでたっても否定し続けてしまう現状があります。




ペットを失った喪失感が大きいと、亡くなった事を否定する度合いも大きくなかなかペットロスから抜け出せません。

決してすぐに受け止められるからといってペットに対する気持ちが薄い訳ではありません。

人によって受け止める器の広さや強度が違います。

同じ喪失感による衝撃を受けたとしても、器が広くて強度が高ければ耐えることはできます。

しかし、器が小さくて強度も低ければ簡単に割れてしまいます。

ペットロスが長引く人は厳しい言葉ですが、器が小さいか強度が低いのだと私は思います。

ペットロスが長引いている状態では、ペットはもう飼わないと思っている人がほとんどでしょう。

それでもまたペットを飼ってしまう理由は、飼い主のぽっかりと空いた心が塞がっていくからです。

ペットロスでもう飼わないと決めていても、また飼う理由は悲しみが薄れている証拠だと思います。

逆に自分が強くなっているともいえますね。

ある程度飼い主が元気になってくると、またペットに与えていた愛情を思い出して寂しさが出てきます。

人は寂しくなると愛情をくれる存在を求めようとします。

愛情を求めることでもう飼わないと決めていても、またペットを飼ってしまうのです。

ペットロスの後追いはうつ状態?対処法は?

ペットロスからの後追いを防ぐために必要なことは愛情!

ペットロスが長引くと、悲しみのあまり周囲が見えなくなりうつ状態になります。

ペットロスからくる苦しみから逃げるために、自分も後追いすることを考えるようになってしまいます。

しかし人とペットは寿命も違うため、後追いするようなことはあってはいけません。

飼い主が元気を取り戻すための対処法がとても重要になります。

喪失感による空いた穴を埋めるには愛情しかなく、飼い主が愛情として受け取ったり愛情を注げる存在が必要です。

愛情といっても飼い主のことを気にかけて話しかけるだけでもいいですし、辛いだろうけど新たにペットを飼うことも愛情を注ぐことができるようになります。

一人暮らしだと余計に必要に愛情が必要になってきます。



ペットロスを克服するには?

ペットロスを仕事で乗り越える

ペットロスでできた傷はうつ状態になるほどなので、相当なものでしょう。

真面目な話でまずは思いっきり悲しんで泣きましょう!

ペットロスを経験した人はどうやって乗り越えたのでしょうか?

いくつかのペットロスの乗り越え方を見ていきましょう。

ペットロスの立ち直り方➀仕事で気分転換

ペットロスで受けた喪失感を紛らわせるには仕事も有効です。

どうしても一人でいると、考えてしまうばかりで喪失感にしても大きくなっていくばかりです。

仕事に没頭する事でペットロスによる喪失感を感じないようにするのも1つの方法です。

仕事のことを考える事によって、人との触れ合いなどで徐々に悲しみが薄くなっていくでしょう。

ただどうしても思い出す事はあるのは仕方ない事だと思います。

ペットロスの立ち直り方➁趣味で気分転換

仕事でなくても趣味でも構いません。

とにかくペットロスで受けた喪失感をどうやって紛らわせるかが重要です。

ペットロスで悲しんでいる時間があるのであれば、趣味を探してみましょう。

自分が没頭している趣味の時間を考える事によって、悲しみが徐々にですが和らいでいくでしょう。

特に人との触れ合いがある趣味にすると、悲しみはさらに薄まっていくと思います。

ペットロスの立ち直り方➂新しく家族を迎える

何よりもペットロスの克服として多いのは「また新しくペットを飼う」事です。

ペットをもう飼わないとは思っていても、愛情を注ぐ場所があれば愛情は行き場を失いません。

早く立ち直るのであれば、もう飼わないという意志と逆に新しくペットを飼う事も検討してみましょう。



ペットロスもう飼わないと決めたのに飼ってしまう理由【まとめ】

ここまでペットロスの克服法や立ち直り方について解説してきました。

ペットロスは感情なので勝手にどうこうなる物ではなく、とにかく時間が経つしかないのです。

しかし別の何かで気を紛らわせる事はできます。

もしもあなたがペットロスで悲しんでいるのであれば、ペットロスを乗り越えましょう。

悲しんでも愛犬は喜びませんよ。

ペットとの別れがくる = ペットの最期をみとれる喜びを感じる
ペットロスを克服する【まとめ】
  • ペットロスの人がまたペットを飼う理由は愛情を求めるため
  • ペットロスの後追いを考える時はうつ状態
  • ペットロスを乗り越えるには新たな愛情の注ぎ場所が必要
  • ペットロスの立ち直り方➀仕事で気分を変える
  • ペットロスの立ち直り方➁趣味の気分転換
  • ペットロスの立ち直り方➂新しいペットに愛情を注ぐ
  • ペットロスは時間が解決してくれる

ペットロスになった時は、1人で抱え込まず周りに相談してください。

それだけで楽になるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA